社会と個人 どう向きあうの

林住期 どのように暮らすのか。日々、自問自答する。

(314) ホメイニのイスラム革命のイラン 突然大統領を失ってどうなるのだろう

 

 

 

 

イランといえば、1979年のホメイニによるイスラム革命。中東だけでなく、世界に衝撃を与えた。

そして、前アメリカ大統領トランプが「核合意」から一方的に離脱し (2018年) 、中東情勢の不安定化に手を貸したことを昨日のように覚えている。


事故によって大統領を失い、イランはどこに行くのだろう。私たちの生活に影響は!!??

 

 





 

イラン基礎データ|外務省


一般事情

1 面積
1,648,195平方キロメートル(日本の約4.4倍)


2 人口
8,920万人(2023年、世界人口白書2023)


3 首都
テヘラン


4 民族
ペルシャ人(他にアゼリ系トルコ人クルド人、アラブ人等)


5 言語
ペルシャ語トルコ語クルド語等


6 宗教
イスラム教(主にシーア派)、他にキリスト教ユダヤ教ゾロアスター教



政治体制・内政

1 政体
イスラム共和制


2 最高指導者
セイエドアリー・ハメネイ師(1989年6月)


3 議会
一院制(議長:モハンマドバーゲル・ガリバーフ、2020年5月就任、)任期4年。定数290名。


4 政府
(1)大統領名
       セイエド・エブラヒーム・ライースィ(2021年8月就任)
(2)外相名
      ホセイン・アミール・アブドラヒアン(2021年8月就任)

 


観光地や遺跡を調べていたら、魅力的なところがいっぱい。


 ルート砂漠



ペルセポリス


ペルシャ式庭園


エスファハーンにある「イマーム広場

  
イラン南東部のメイマンド    シューシュタルの歴史的水利施設

 


 遊牧民の末裔カシュガイ族の住民が岩山を削った住居・カンドヴァン

  
土産物屋の人形         ドレスやスカーフのバザール


保守強硬路線の継承表明 イラン大統領代行|47NEWS(よんななニュース)

保守強硬路線の継承表明 イラン大統領代行



20日、イランの首都テヘランで開かれたライシ大統領を追悼する集会で悲しむ女性たち(共同)

2024年05月21日 07時32分共同通信

 【テヘラン共同】イランのモフベル大統領代行は20日の就任直前、ヘリコプター墜落事故で死亡したライシ大統領が推し進めた保守強硬路線を継承する考えを表明した。国営メディアが報じた。反米を基軸とする外交を貫き、欧米との対立をいとわない方針だ。イラン各地ではライシ師を追悼する集会が開かれた。

 モフベル氏は、最高指導者ハメネイ師から大統領代行に任命される前、国会のガリバフ議長やモホセニエジェイ司法府代表と会談。ライシ師の「道に従い、与えられた任務を中断せずに遂行する」と述べた。

 ライシ師は核開発やウクライナに侵攻するロシアに無人機を提供した問題で欧米との対立を深めた。経済面でロシアや中国との関係を強めた。

 モフベル氏はロシアのプーチン大統領と電話会談し、2国間関係を発展させることを確認した。ライシ師のヘリに同乗し死亡したアブドラヒアン外相の職務を引き継いだバゲリ外相代行は中国外務省幹部と電話会談し、中国との包括的な協力を広げる決意を示した。



濃霧のイラン山中にヘリ残骸 大統領訃報にも「体制揺らがず」|47NEWS(よんななニュース)

濃霧のイラン山中にヘリ残骸 
大統領訃報にも「体制揺らがず」



20日、イランのライシ大統領を乗せたヘリコプターの墜落後、活動する救助チーム
=北西部の東アゼルバイジャン州(ロイター=共同)


2024年05月20日 20時45分共同通信

 【テヘラン共同】濃い霧に覆われた山の斜面に、大破したヘリコプターの残骸が散乱し、辛うじて確認できたのは尾翼の付いた機体後部だけだった―。20日に報じられたイラン北西部の現場からの映像や画像は、墜落の衝撃の大きさを物語っていた。地元メディアは、搭乗していたライシ大統領やアブドラヒアン外相の訃報を伝えた後「悲しいが、体制は揺らがない」と訴えた。

 ヘリは19日に東アゼルバイジャン州の山中に墜落した。地元メディアによると、現場周辺は山が連なり、アクセスが非常に悪い。当局は緊急車両や無人機などを使った捜索活動を夜通し展開したが、悪天候も重なり墜落地点の特定は難航した。

 

イランの記事二つ。

イラン大統領と外相が死亡、ヘリ墜落で 周辺諸国が弔意 | ロイター

 

ヘリ事故でイラン大統領死亡 影響は、今後の焦点は 専門家に聞く:朝日新聞デジタル



イランについて、AI にたずねた。

 

まず、Gemini に。

https://gemini.google.com/app

 

 

 

## イランの歴史:簡潔な時系列

 

古代

・紀元前5500年頃: エラム文明が興る。イラン高原最古の文明の一つ。

・紀元前3200年頃: アンシャン文明が興る。後のアケメネス朝ペルシャ帝国につながる。

・紀元前550年: アケメネス朝ペルシャ帝国が誕生。ダレイオス1世、クセルクセス1世など名君を輩出し、最盛期にはエジプト、インド北西部、ギリシャの一部を含む広大な版図を築く。

・紀元前330年: アレクサンドロス大王がアケメネス朝ペルシャ帝国を滅ぼす。

 

中世

・紀元3世紀: ササン朝ペルシャ帝国が誕生。ゾロアスター教を国教とする。

・7世紀: イスラム教徒の征服を受け、ササン朝滅亡。

・13世紀: モンゴル帝国がイランを征服。

・14世紀: ティムール朝が成立。

 

近世

・16世紀: サファヴィー朝が成立。シーア派イスラム教を国教とする。

・18世紀: アフガン人の侵攻を受け、サファヴィー朝滅亡。

・18世紀後半: カジャール朝が成立。

 

近代

・19世紀後半: ヨーロッパ列強の影響力が強まる。

・1905年: ロシア革命の影響を受け、立憲革命が起こる。

・1925年: パフラヴィー朝が成立。近代化政策を進める。

・1979年: イスラム革命が起こり、パフラヴィー朝滅亡。イスラム共和国が樹立。

 

現代

・1980年~1988年: イラン・イラク戦争

・2001年: アフマディネジャード大統領就任。強硬外交を展開。

・2013年: ローハニ大統領就任。核開発問題などで西側諸国と協調姿勢を見せる。

・2021年: ライースィ大統領就任。

 

参考資料

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2)

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page25_000041.html(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page25_000041.html)

https://www.osakamushis.jp/eng/(https://www.osakamushis.jp/eng/)

 

 

 


## 2000年以降のイランの政治状況

 

2000年:

・モハメド・ハタミ大統領が就任。改革派による政治改革が始まる。

・国会選挙で改革派が勝利。

 

2005年:

・マHMOUD・アフマディネジャード大統領が就任。保守派による強硬外交が始まる。

 

2009年:

・大統領選挙で不正があったとして、国民が抗議デモを行う(緑の運動)。デモは弾圧される。

 

2013年:

・ハサン・ロウハニ大統領が就任。核開発問題などで西側諸国と協調姿勢を見せる。

・核合意(JCPOA)調印。

 

2018年:

アメリカが核合意から離脱し、イランに対する制裁を再開。

 

2021年:

・エブラーヒーム・ライースィ大統領が就任。強硬派による政策が復活する。

 

現在のイランの国の状況

人口: 約8500万人(2023年)

 

産業: 石油・ガス、農業、製造業

 

政治体制: イスラム共和国。最高指導者が最高権力者。

 

経済: 石油・ガスに依存。近年は制裁の影響で低迷している。

 

観光: ペルシャ帝国時代の遺跡や美しい自然など、観光資源が豊富。しかし、政情不安や制裁の影響で観光客数は伸び悩んでいる。

 

文化: 独自の文化と伝統を持つ。ペルシャ絨毯、ミニチュア、陶芸などは世界的に有名。

 

その他:

・近年は、核開発問題や中東情勢など、国際社会における重要な課題の一つとなっている。

・国内では、経済格差や失業問題などが深刻化している。

・女性の権利や人権問題なども課題となっている。

 

参考資料

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html)

 

 

 


## イランの改革派と保守派

 

改革派と保守派は、イランの政治における二大勢力です。それぞれ異なる主張と特徴を持ち、イランの政治と社会に大きな影響を与えています。

 

改革派

〇主張:    
イスラム法の枠組みの中で、政治体制の改革や社会の開放を目指す。

・西側諸国との関係改善や、経済改革を推進する。

・人権の尊重や、市民社会の発展を重視する。

〇特徴:
・比較的若い世代や、都市部に住む人々に支持が多い。

・知識人や学生、ジャーナリストなどが支持基盤となることが多い。

・近年は、経済問題や社会問題への不満から支持を拡大している。

 

保守派

〇主張:    

イスラム革命の理念に基づき、現状の政治体制を維持することを重視する。

 ・アメリカなどの西側諸国への対抗姿勢を強硬に主張する。
 ・伝統的な価値観や、イスラム教の法に基づく社会の秩序を重視する。

〇特徴:    

・比較的年配の世代や、地方に住む人々に支持が多い。

・宗教指導者や、革命防衛隊などの軍関係者が支持基盤となることが多い。

・近年は、経済制裁の影響による国民生活の悪化から、支持率が低下している。

 

改革派と保守派の対立

改革派と保守派は、様々な問題について対立しています。主な争点は以下の通りです。

 

・政治体制: 改革派は議会や大統領の権限強化を主張する一方、保守派は最高指導者の権限を維持しようとする。

外交政策: 改革派は西側諸国との関係改善を主張する一方、保守派はアメリカへの対抗姿勢を強硬に主張する。

・経済政策: 改革派は経済改革や民間企業の活性化を主張する一方、保守派は国家による経済統制を主張する。

・社会問題: 改革派は人権の尊重や、女性や少数民族の権利拡大を主張する一方、保守派は伝統的な価値観や、イスラム教の法に基づく社会秩序を重視する。

 

近年では、核開発問題やアメリカとの対立などをめぐり、改革派と保守派の対立が激化しています。しかし、両派ともイランの繁栄と安定を望むという共通の目標を持っており、今後は妥協点を見つけることが求められています。

 

参考資料

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html)

 

補足

・改革派と保守派は、一枚岩ではなく、内部にも様々な勢力が存在します。

・近年、イランの若者を中心に、改革派よりもさらに急進的な政治勢力が台頭する動きも見られます。

・イランの政治は複雑であり、改革派と保守派の対立も単純ではありません。

 

 

 


事故死したイラン大統領、エブラーヒーム・ライースィ氏は、保守強硬派の立場でした。

具体的には、以下の特徴が挙げられます。

 

政治思想:

イスラム革命の理念を厳格に遵守する立場を取り、西側諸国に対して強硬な姿勢を示していました。

・最高指導者であるアリ・ハメネイ師に忠誠を誓い、その権威を揺るがすような改革には反対していました。

 

外交政策:

アメリカとの核合意を破棄し、核開発を再開するなど、強硬な外交政策を推進しました。

イスラエルサウジアラビアなどの敵対国に対しては、厳しい態度で臨みました。

・シリア内戦やイエメン内戦などの地域紛争に積極的に介入し、自国の影響力を拡大しようとしました。

 

国内政策:

・経済政策に関しては、国家による統制を重視する立場でした。

文化政策に関しては、伝統的な価値観やイスラム教の法に基づく社会秩序を重視する立場でした。

・人権問題に関しては、国際的な批判を浴びながらも、強硬な姿勢を維持していました。

 

イースィ氏の死去は、イランの政治に大きな影響を与えます。
後任大統領には、モフベル第1副大統領が就任しましたが、ライースィ氏と同じ保守強硬派と見られています。 今後のイランの政治がどのように変化していくのか、注目されます。

 

参考資料

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html)

 

補足

・ライースィ氏は、2019年の大統領選挙で当選しました。

・就任直後から、経済制裁の影響による国民生活の悪化や、新型コロナウイルス感染症の流行など、様々な課題に直面していました。

・ライースィ氏の死去は、イラン国内で様々な憶測を呼んでいます。

 

 

 


## 核合意(JCPOA)調印について

 

核合意(包括的共同作業計画、JCPOA)は、2015年にイランとアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国の6カ国が調印した国際協定です。

 

主な内容

・イランは、核兵器開発を制限し、核開発疑惑を晴らすために、査察を受け入れることを約束しました。

・見返りに、アメリカや欧州連合は、イランに対する経済制裁を解除することを約束しました。

 

核合意の意義

核合意は、中東における核軍拡競争を防ぎ、国際社会の平和と安定に大きく貢献するとして評価されました。

 

しかし、合意には様々な問題点も指摘されていました。

 

・イラン国内では、合意はアメリカへの屈服だと批判する声もありました。

アメリカ議会の中には、合意がイランの核開発を完全に阻止できないとして反対する議員もいました。

 

アメリカが核合意から離脱した理由

 

2018年5月、アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏は、核合意から離脱することを表明しました。

 

主な理由

・トランプ氏は、核合意が不十分であり、イランの核開発を完全に阻止できないと主張しました。

・また、イランがテロ活動を支援していることや、人権侵害を行っていることを批判しました。

・さらに、核合意は一時的なものであり、恒久的な解決策ではないと主張しました。

 

アメリカの離脱を受け、欧州連合各国は核合意の維持を訴えましたが、トランプ政権は強硬な姿勢を崩しませんでした。

 

経済制裁について

 

イランに対する経済制裁は、1979年のイスラム革命以降、アメリカや欧州連合などによって段階的に強化されてきました。

 

主な制裁内容

・石油・ガスの輸出禁止

・金融取引の制限

・イラン企業との取引禁止

・イランへの航空機・船舶の乗り入れ禁止

 

経済制裁の影響

経済制裁は、イラン経済に大きな打撃を与えました。

 

・イランの通貨であるリアルは大幅に下落し、インフレ率は高騰しました。

・失業率も上昇し、国民生活は悪化しました。

 

近年では、アメリカによる制裁がさらに強化されており、イラン経済は厳しい状況に直面しています。

 

参考資料

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html)

 

 

 


## 1979年イラン革命後の政治体制

 

1979年のイラン革命後、イランはイスラム共和国と呼ばれる独自の政治体制を樹立しました。この体制は、イスラム法に基づく神権政治と民主主義の要素を組み合わせたものです。

 

主要な特徴は以下の通りです。

・最高指導者: 国家元首であり、イスラム法の解釈者である最高指導者が権力の頂点に立つ。最高指導者は、国民の直接選挙で選出される大統領とは別に、専門家会議によって選出される。

・専門家会議: 最高指導者を選出し、その権限を監督する役割を持つ。専門家会議のメンバーは、イスラム法の専門家である聖職者で構成される。

・大統領: 行政権の長であり、国民の直接選挙で選出される。大統領は、閣僚を任命し、政府を運営する。

・議会: 1院制の議会であり、国民の直接選挙で選出される議員で構成される。議会は、法案の審議、予算の承認、政府の監視などを行う。

・革命防衛隊: イスラム共和国の体制を守るために設置された軍事組織。

 

この政治体制は、以下の点で独特な特徴を持っています。

神権政治: イスラム法が国家の最高法であり、政治、経済、社会のあらゆる面に適用される。

・聖職者の政治参加: 聖職者は、政治だけでなく、社会、経済、文化など様々な分野において重要な役割を果たしている。

・制限的な民主主義: 国民の選挙による代表が存在する一方で、言論や集会の自由など民主主義の権利は制限されている。

 

革命後のイラン政治体制は、様々な課題に直面しています。

・権力闘争: 最高指導者と大統領、議会の間で権力闘争が起きることがある。

・人権問題: 言論や集会の自由の制限、女性に対する差別など、人権問題が指摘されている。

・経済問題: 経済制裁や石油価格の低迷などにより、経済問題を抱えている。

 

イランの政治体制は、今後も変遷していく可能性が高いです。 今後、どのような方向に変化していくのか、国際社会からも注目されています。

 

 

 


## 1979年イラン革命の影響を受けた国々

 

1979年のイラン革命は、中東地域だけでなく、世界全体に大きな影響を与えました。特に、以下の国々は、革命の影響を強く受けました。

 

  1. レバノン

レバノンでは、イラン革命の影響を受けて、シーア派スンニ派の間の対立が激化しました。1982年には、イスラム原理主義組織であるヒズブッラーが結成され、レバノン内戦(1975年~1990年)に大きな影響を与えました。

・現在も、レバノンではシーア派スンニ派の対立は根強く残っており、政治情勢を不安定化させる要因となっています。

 

  1. イラク

イラクでは、1979年にイラン・イラク戦争が勃発しました。この戦争は8年間続き、両国に甚大な被害をもたらしました。

・イラン・イラク戦争終結後も、イラク国内ではシーア派スンニ派の対立が続き、2003年のアメリカによるイラク侵攻後も、宗派間対立は激化しています。

 

  1. サウジアラビア

サウジアラビアは、イスラムスンニ派の中心地であり、イラン革命の勃発を脅威と受け止めました。サウジアラビアは、イランに対抗するため、宗教活動への規制を強化し、イスラム原理主義勢力への警戒を強めました。

・また、サウジアラビアは、イラクレバノンなどの周辺国におけるシーア派勢力の伸長を阻止するため、積極的に介入するようになりました。

 

  1. その他の国々

イラン革命の影響は、中東地域以外にも波及しました。パキスタンアフガニスタン中央アジア諸国など、多くの国々でイスラム原理主義勢力が台頭しました。

・また、欧米諸国でも、イスラム教徒の移民に対する排斥感情が高まるなど、社会的な影響がありました。

 

1979年イラン革命は、現代世界の歴史において重要な転換点の一つとなりました。 革命の影響は現在も続いており、今後どのように世界に影響を与えていくのか、注目されます。



次に、


直近のものについては、Copilot のほうがベターであった。

Bing での Microsoft Copilot


 


バイデン政権のイランに対する立場:


バイデン政権は、イランとの関係改善と核問題の協議再開を目指しています¹²。2024年4月18日、バイデン政権はイスラエルに対するイランのミサイル・無人航空機(UAV)攻撃を受けて、イランに対する新たな制裁を発表しました¹。バイデン大統領は制裁発動に関する声明を発表し、「イランの攻撃を可能にする、あるいは支援する全ての者に対して、はっきりさせておこう。 米国はイスラエルの安全保障にコミットしている」と述べました¹。

 

バイデン政権とトランプ政権の違い:

バイデン政権とトランプ政権の中東政策、特にイラン政策には大きな違いがあります²⁷。トランプ政権は、イランとの核合意から一方的に離脱し、イランに対する経済制裁を強化しました⁷⁹。一方、バイデン政権は、国際協調と欧州との関係改善を重視し、欧州が期待するイランとの包括核合意であるJCPOA (Joint Comprehensive Plan of Action)復帰のための再交渉を公約し、積極的に動いています²⁷。ただし、バイデン政権もイランに対しては必ずしも宥和的ではなく、現実的に政策を進めています²。具体的には、イランが再び厳密に核合意を履行すれば、米国は、後続交渉の出発点として核合意に復帰し、その後、現行15年の核開発制限期間のさらなる延長、弾道ミサイル開発制限、さらには、イスラエルや湾岸アラブ諸国が脅威視する、レバノン、シリア、イエメン、イラクでの傘下・支援組織へのてこ入れを通じたイランの域内介入問題についても協議する新たな交渉を行うというものです⁷。

 

ソース: Bing との会話 2024/5/21

(1) バイデン米政権、イランに対する金融制裁と輸出管理強化を .... https://www.jetro.go.jp/biznews/2024/04/2645b082d83d60e9.html.

(2) バイデン政権の対イランJCPOA間接交渉が示す柔軟な現実主義 .... https://www.spf.org/jpus-insights/spf-america-monitor/spf-america-monitor-document-detail_101.html.

(3) 米新政権と世界秩序「トランプ後」中東政策の障壁 : 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/ckworld/20210430-OYT8T50056/.

(4) トランプ氏vsバイデン氏、外交 2国間か国際協調か - 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64109920S0A920C2FF8000/.

(5) バイデン困惑。衝撃の「米兵戦死」に米国内で高まるイランへ .... https://www.mag2.com/p/news/592492.

(6) バイデン米大統領、イランへの攻撃に「参加しない ... - CNN.co.jp. https://www.cnn.co.jp/usa/35217779.html.

(7) 米国、イラン資産60億ドルの凍結解除 囚人交換へ前進 - 日本 .... https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN123M40S3A910C2000000/.

(8) バイデン氏 vs トランプ氏 7つの争点 立ち位置を比較 - Reuters. https://www.reuters.com/graphics/USA-ELECTION/POLICY-LJA/yxmvjlakjvr/.

(9) イラン、米国にトランプ前政権からの政策転換求める-核合意 .... https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-27/RCIH68DWRGG601.

 

 

 


核合意(JCPOA)について:


核合意(JCPOA)は、イランが自国の核関連施設で高濃縮ウランの製造を企画していた、またはしている、という疑惑がかけられている問題に対する合意です¹。この合意は、イランが核開発の大幅な制限、国内軍事施設の条件付き査察を含めた内容を受け入れ、見返りとしてイランへの経済制裁を段階的に解除するというものです³¹。

 

アメリカが核合意から離脱した理由:

アメリカのトランプ大統領は、この合意がイランの核計画を期限付きでしか制限しないことや、弾道ミサイル開発を制止しないことを批判していました¹¹。さらに、合意によって中東地域全体に「武器と恐怖と抑圧」をもたらすために使われた1000億ドルの臨時収入を、イランに与えてしまったと非難していました¹¹。

 

欧米のイランへの経済制裁の開始と詳細:

経済制裁は、国際法や国際的な規範に違反した国(標的国)に経済的手段で痛みを与え、政策変更を迫る行為です⁵。具体的な開始日については、制裁が科される国や事情により異なります。例えば、2022年2月にロシアがウクライナ東部の親ロシア派支配地域の独立を承認し、軍の派兵を決めたことを受け、米欧と日本が第1弾の経済制裁を打ち出しました⁶。具体的な制裁内容は、制裁を科す国や事情により異なりますが、一般的には金融取引の制限や資産凍結などが含まれます⁵。米国の制裁は、1979年11月4日に起きたイランの米大使館人質事件から39年の節目を意図したタイミングで始まりました¹²。また、2023年に入り、米国、EU、英国の各政府は、対イラン経済制裁の新規パッケージを次々と発動しました[^10^]。その中には、ミサイルやドローン(無人機)の開発プログラム、革命防衛隊、イラン国防省を支援する組織に対する新たな制裁も含まれていました¹¹。

 

ソース: Bing との会話 2024/5/21

(1) イランの核開発問題 - Wikipedia. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%A0%B8%E9%96%8B%E7%99%BA%E5%95%8F%E9%A1%8C.

(2) イラン核合意(イランカクゴウイ)とは? 意味や使い方 - コトバンク. https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%A0%B8%E5%90%88%E6%84%8F-1822992.

(3) 米、「数日中に」イランに新たな制裁 イスラエルへの大規模 .... https://www.cnn.co.jp/world/35217905.html.

(4) イラン核合意 米国離脱でどうなるのか - BBCニュース. https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44049878.

(5) トランプ大統領、イラン核合意からの離脱を発表 欧州説得実ら .... https://www.bbc.com/japanese/44049644.

(6) 米、イランに原油制裁再開 「史上最強」と - BBCニュース. https://www.bbc.com/japanese/46093263.

(7) 【国際】米欧英、対イラン経済制裁を続々追加発動。イランは .... https://sustainablejapan.jp/2023/05/02/iranian-sanctions/89559.

(8) イラン核合意(JCPOA )の行方と中東における核拡散の可能性. http://www.nids.mod.go.jp/publication/briefing/pdf/2020/202005.pdf.

(9) イラン:核合意再建に向けたウィーン協議の現状 | 公益財団 .... https://www.meij.or.jp/kawara/2022_004.html.

(10) トランプ米政権、中距離核全廃条約から離脱表明 - BBCニュース. https://www.bbc.com/japanese/45931910.

(11) 世界がバッシングも米が「イラン核合意」から離脱する真の理由. https://www.mag2.com/p/news/359378.

(12) アメリカ大統領、「もっと早く核合意から離脱すべきだった .... https://parstoday.ir/ja/news/world-i47716.

(13) イランに対する制裁 - Wikipedia. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E5%88%B6%E8%A3%81.

(14) バイデン米大統領、イランと交渉再開のための制裁解除はし .... https://www.bbc.com/japanese/55975660.

(15) 米財務省サイバー攻撃やロシア支援を理由にイランへの制裁 .... https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/09/51692d5d00d08eb0.html.

(16) undefined. https://www.state.gov/leading-the-world-against-irans-threats/%29.

(17) undefined. http://undocs.org/S/RES/2231%282015%29%29の一部である国連による対イラン武器禁輸制裁が今年10.

(18) undefined. https://www.armscontrol.org/blog/2019-05-10/iran-announces-countermoves-nuclear-deal-p41-iran-.

(19) undefined. https://en.irna.ir/news/83622509/Iran-takes-final-step-by-abandoning-JCPOA-restrictions%29.

(20) undefined. https://www.reuters.com/article/us-iran-nuclear/iran-says-it-will-quit-global-nuclear-treaty-if-case-g.

 

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

 

ニュースランキング